オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

種類

オフィス

勤怠管理システムや入退室管理システムといったものにはいくつかの種類があるのですが、どのようなタイプにわけることができるのでしょうか。
一つ目は、タイムレコーダーといったものでの運用ケースというものです。
これは、設置されているタイムレコーダーにIDカードなどを用いて打刻することによって、簡単に勤務管理といったものをすることができます。このシステムがオススメなのは、中規模くらいの会社といったもので、少人数で行っているところでもいいかもしれません。
そしt、もうひとつは、webレコーダーでの運用ケースといったものです。これは社員が持っているパソコンによって打刻をするといったもので、その人のパソコンから個人的なページに飛んだりして打刻をすることができますので、便利なものとなっています。
そしてASPといったものも運用ケースとしてすごく便利なものです。これはwebレコーダーの打刻とすこしにているのですが、パソコンの画面の打刻もできますし、外出先からその共有スペースにとぶことによって、自分の勤怠管理を行うことができます。これはデータセンターに送られたりもしているので、大規模な会社でよく活用されています。
大規模な会社になると、どうしても会社の外にいることも多くなってくるので、そういった外出先からの勤怠管理をすることができれば、すごく会社としても管理しやすくて、把握しやすい状態となっているのです。
Read more

たくさんのデータ

書類

勤怠管理システムと入退室管理システムが一緒になっているものもたくさんあるのですが、勤怠管理システムをうまく活用することによって、入退室管理システムや給与計算にも活かすことができます。必要なソフトは別になってきますが、そういったところを抜いてもすごく効率的に作業をすすめることができます。
メリットはたくさんあるのですが、社員が自分のタイムレコーダーにしっかりと出勤と退勤のデータを蓄積することによって、打刻されているデータをもとにシステムへとそのままもっていくことができますので、集計もまちがいがなく、早くすることができます。そして、締めた後の作業というものも、データの最終チェックといったものをするのですが、給与システムにいるものをつくるだけですみます。… Read more

リアルタイムに

会社

勤怠管理や入退室管理システムの良いところをまとめていくと、会社全体や社員毎の勤務状態といったものをリアルタイムで管理することができますので勤務管理にまつわってくる事務処理やそういった集計の時間を省くことができるということが大きなメリットとのようなものでした。そして、手集計をするとどうしても間違いが多少でてきてしまうのですが、それをデータとしてみることによって、すごく便利になりました。
また、自分の会社に合っている集計方法を考えることによって、その会社ごとに違った計算方法をじっちすることができます。勤怠データといったものはそのまま給与計算にも使用することができますので、便利なものとなっています。
では、具体的に勤務管理システムといったものはなにができるものになっているんでしょうか。
おおきくまとめると、社員の出勤データや退勤データといったものを一目でわかるようになっているものです。
Read more